Articles

イベント

【参加者募集】HBMS国際交流プログラム 特別公開講座   「サービスの国際化:日本・タイの食品と観光産業の事例」 を開催します(11月17日(日)開催)(※講義はすべて  日本語で行います。)

概要


HBMS(県立広島大学大学院経営管理研究科)では,昨年度よりタイ王国 チュラロンコン大学 ビジネススクールと国際交流を実施しています。今年度新たな取り組みとして,両大学教員による「食」や「流通」をテーマとした共同研究を開始しており,このたび,同大ビジネススクール教員を本学に招聘し,特別講座を実施することになりました。

今回の講座では食品と観光産業に焦点をあてますが,食品に関しては,和食文化の先進国タイにおける事例紹介も予定しています。和食文化の普及過程モデルを考察しながら,これからの東南アジア諸国の和食文化を推測していく良い機会となるかもしれません。

この講座は,海外のビジネススクールの教員による講義を広島で聴講できる大変貴重な機会であることから,HBMS学生・修了生のみならず,広く一般に公開することになりました。ご興味のある方は是非,奮ってお申込み下さい。

※日本に長く留学経験のある先生であり,講義はすべて日本語での実施となります。

招聘講師ご紹介

Nuttapol Assarut(ナッタポン・アッサラット)氏

タイ王国 チュラロンコン大学ビジネススクール MBAプログラム ダイレクター

○略歴:1998年チュラロンコン大学商学部マーケティング専攻修了。2001-2003年一橋大学大学院商学研究科に研究生として留学。2005年修士課程修了。2008年博士課程修了。2008-現在チュラロンコン大学商学部マーケティング学科准教授。2015年チュラロンコン大学MBAプログラム ダイレクター。

○専門分野:文化とライフスタイル、高齢者行動、観光とサービス国際化

対象者

  • 社会人の方(HBMSの受験・入学を検討している方)
  • ビジネススキルの強化・MBAプログラムに興味のある方
  • タイをはじめアセアン諸国等の海外事業展開(特にサービス業)を検討されている方
  • グローバルビジネスマネジメントに興味のある方
  • その他にも異文化理解・日本-タイ間の比較文化に興味のある方など,本講座のテーマや内容に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。

開催日時及び場所

開催日時

2019年11月17日(日) 14:00~16:30(受付13:30~)

開催場所

県立広島大学 広島キャンパス 1275会議室
広島市南区宇品東1-1-71

内容

特別講座

14:00~
15:30

■内容:「サービスの国際化:日本ータイの食品と観光産業の事例」  

 日本とタイには歴史的に深い関係がある。多くの日系製造業がタイに進出し,かなりの成功を収めてきたが,近年ではサービス業においても大きな役割を果たすようになり,食品や観光をはじめとする,日系サービス業がタイに進出するようになっている。サービスは製品と異なり,文化や人とか関わる部分が多く,これらの課題を乗り越え成功するためには,より一層現地の顧客理解を深める努力が必要である。

■講師:タイ王国・チュラロンコン大学ビジネススクール Nuttapol Assarut(ナッタポン・アッサラット)氏 MBAプログラム ダイレクター

対談

15:30~
16:30

講師とHBMS江戸克栄専攻長/教授との対談・質疑応答

個別相談

16:30~17:00

希望者を対象にHBMSに関する疑問、質問などのご相談にスタッフがお答えします。

事前申込制ですので,希望者は申込フォームの参加希望欄にチェックを入れてください。

定員

40名

参加費

無料

申込方法

お申込・問合せ先

県立広島大学 本部経営企画室 MBA業務推進担当
〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71
TEL : 082-251-9726 / FAX : 082-251-9405
E-mail : mba-office@pu-hiroshima.ac.jp

無料相談の予約をする