Articles

イベント

「防災社会システム・デザイン プロジェクト研究センター」を9月1日に開設。横山禎徳研究科長がセンター長に就任!

県立広島大学は、世界でも類をみない「防災マーケティング」を一つの柱とした社会科学・行動科学系の実践的防災研究・教育の実施及び社会システム・デザイン・アプローチから「防災ビジネス&マネジメント・モデル」を構築するために、「防災社会システム・デザイン プロジェクト研究センター」を平成30年9月1日(防災の日)に開設し、HBMSの横山禎徳研究科長がセンター長に就任しました。

研究センターの様子

設立目的

  • 「防災マーケティング」、「防災・減災予測情報システム研究」、「防災のための災害弱者研究」を柱とした社会科学・行動科学系の実践的防災研究・教育  
    • 広島発の新しい研究教育の可能性
    • 実践的研究や教育による具体的政策への提言
    •  
  • 社会システム・デザイン・アプローチから「防災ビジネス&マネジメント・モデル」を構築  
    • 国や地方自治体、ボランティアだけではなく民間企業の力を活用
    • 防災のプロフェッショナル集団を育成し、雇用創出する可能性
    •  

防災社会システムデザインの対象と体系

設立者

県立広島大学メンバー

  • 横山 禎徳(経営管理研究科 研究科長/特任教授)センター長
  • 原田 俊英(理事 副学長/教授)
  • 市村 匠(地域連携センター センター長/教授)
  • 岡田 淳子(保健福祉学部 教授)
  • 江戸 克栄(経営管理研究科 専攻長/教授)
  • 冨田 哲治(経営情報学部 准教授)

外部メンバー

  • 廣井 悠(東京大学大学院 准教授) ・藤本 健二(㈱サーベイリサーチセンター)
  • HBMS COMMUNITY(HBMS在学生及び修了生による同窓組織)
    ~広島県、広島市、呉市、中電技術コンサルタント㈱、医療法人真慈会真愛病院等に在職中のHBMS在学生及び修了生が参加~

無料相談の予約をする