ステークホルダーの声

企業等の声

株式会社みづま工房

代表取締役社長

白井 孝司

社員がMBAで学ぶことで、新たな視点による業務改革や、社内の停滞案件の推進、当社にこれまでなかった新しい取組みに着手する等よい影響が見られるようになった。また、周囲の社員への波及効果があり、社員の学修への意識の変化も見え始めている。
MBAで学んだ社員には、社内における課題発見と解決のスピードアップに寄与し、これまで当社になかった経営企画・マーケティング分野で活躍することで新規事業の立ち上げを目指してもらいたいと考えている。また、マネジメント力向上による社内での実践的指導等、本人の学修で留まることなく、今後の若手社員の学修意欲の増大や地域の価値向上に貢献できる人材に成長することを期待する。

広島にこのようなビジネススクールができたことは、大変喜ばしいことである。
今後のMBAには、多角的視点と発想を持った次世代を牽引する地域のリーダーを輩出することに期待したい。

医療法人社団 明和会
大野浦病院

会長

久保 隆政

私どもの職員が貴校のビジネススクールに通うことになったきっかけは、勉強会に湯崎知事をお招きしたことに遡ります。ご講演の中で知事から、貴校は従来のビジネススクールとは異なり、中小企業や医療・介護・農業等にも焦点をあてており、変革期に対応し、主導できる人材を輩出できる取り組みになるとのご説明がありました。すぐに職員からMBAに挑戦したいと相談があり、貴校の充実したカリキュラムと本人の熱意を感じ、当法人を支える人材になればとの期待をもって送り出しました。

社会構造の変化や、IoT、VR、AI等の進化により、我々の生活環境や思考は大きく変わりつつあり、当然ながら時代に即したビジネスモデルの構築は急務であると考えます。

そうした中で、経営を取り巻く様々な環境を正しく認識し、現在から未来を見据え、より効果的な提案をもって地域社会に貢献できる人材となり、ビジネスパートナーとして活躍してくれることを期待しております。

無料相談の予約をする