カリキュラム

Key Visual

ビジネスリーダーを輩出する教育システム

カリキュラムの構成と特徴

教育プログラム編成の基本的な考え方

Mission Statement Mission Statement

基礎科目

経営戦略、マーケティング、人材マネジメントといった経営学の基礎を学びます。「使える」経営学を身につけるため、講義形式に加え、ディスカッションを多く取り入れ、自ら考える力を培います。

応用科目

<起業する>、<イノベーションを起こす>、<事業を承継・発展する>、<マネジメント力を高める>を実現するために基礎科目をさらに深め、広げ、応用できる能力を高めます。さまざまな角度から応用力を鍛えるためグループワークを積極的に取り入れます。

専門科目

<地域資源マネジメント>、<ヘルスケアマネジメント>、<コモンズマネジメント>の3つの先端分野に加え、社会のスピードにあわせアドホックに<特別テーマ>を設定します。多様性を活かしながら単体の企業だけでなく、地域、コミュニティとともに総体としての価値を持続的に高めていくマネジメント能力を養成していきます。

地域資源マネジメント

農林水産業を含む地域の自然資源のマネジメント

ヘルスケアマネジメント

人々の多様なニーズに応えた持続的な医療介護保障のマネジメント

コモンズマネジメント

ネットを含めた共有の場<コモンズ>のマネジメント

特別テーマ

専門的かつ先端的なビジネスやマネジメントを極めるための時代を捉えたテーマ

実践科目

ビジネスを具現化する力や、やり抜く力など、事業創造ができる能力を高めていきます。ビジネスプランを作成し、その実効性を検証します。企業・団体等とも協力、連携して実施していきます。

授業科目一覧

4つの科目区分を設定し、実践的な教育を展開

平成30年度カリキュラム

37科目 74単位(修了単位数17科目34単位)※赤枠は必修科目

科目名をクリック(タッチ)すると科目概要を閲覧できます。(太字の科目のみ)

カテゴリー科目名必要最低
単位数
基礎科目(10科目)(必要最低単位数 18) 現代社会における先端的マネジメント アカウンティング マーケティング ファイナンス ビジネス統計 ベンチャーの経営戦略 経営組織と人材マネジメント マネジメントの法と倫理 経営戦略 多様な価値とファシリテーション 18単位
応用科目(9科目) マーケティングリサーチ スモールビジネスのファイナンス イノベーション戦略 多様性と人材マネジメント 組織のガバナンス 戦略としての社会システムデザイン サプライチェーンマネジメント 生産管理 事業承継マネジメント
専門科目(14科目)(必要最低単位数 8)

地域資源マネジメント

持続可能な自然資源マネジメント アジア型環境ビジネス創造 地域ブランド戦略とデザインマネジメント
8単位

ヘルスケアマネジメント

医療介護の制度経営 医療介護の事業経営 医療介護のイノベーション

コモンズマネジメント

社会イノベーション 共生社会の理念と実例 地域経営と社会的合意形成

特別テーマ

特別研究A(例:グローバルビジネスマネジメント) 特別研究B(例:未来技術とビジネス創造) 特別研究C(例:経営のリスクマネジメント) 特別研究D(例:フードシステムマーケティング) 特別研究E(例:サービスマネジメント)
実践科目(4科目)(必要最低単位数 8) プロジェクト研究1 プロジェクト研究2 プロジェクト研究3 プロジェクト研究4 8単位

※上記は平成29年度6月末時点での情報です。今後、変更の可能性があります。

受講時間・履修環境について

社会人学生に対応した履修環境を実現しています。

  • 開講時間は平日の18時30分から21時30分までの2時限、 土曜日は9時から19時30分までの6時限を開講
  • 授業は1回につき2時限連続(90分×2)
  • 1つの科目は8週間(試験期間を含む)で完結するクォーター制
  • 夏期・春期の週末を利用した集中講義の実施

閉じる