HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター

プロジェクトのお知らせ

2019/08/01

【開催報告】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター 「経営の目で病院を内側から診る」を開催しました!(7月27日(土)開催)

2019/07/31

【開催報告】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター 「地域包括ケアシステムに求められる薬局の姿とは」を開催しました!(7月20日(土)開催)

2019/07/31

【開催報告】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センターはガバナンス会議を設置、開催しました

2019/06/14

HbpMSセミナー2019 遠藤邦夫 公開講座2「経営の目で病院を内側から診る」を開催します

2019/06/13

HbpMSセミナー2019 遠藤邦夫 公開講座1「地域包括ケアシステムに求められる薬局の姿とは」を開催します

2019/02/14

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 第5回HbpMSセミナー「ヘルス・ビジネス・アンド・マネジメントの人材像を考える」を開催します

2018/11/13

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 第4回HbpMSセミナー「地域包括ケアシステムと情報技術支援」を開催します

2018/09/18

【開催報告】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター「薬局経営の原理を考える」を開催しました!(9月8日(土))

2018/09/03

【開催報告】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター「診療・介護の報酬同時改定と医療経営の動向」を開催しました!(8月26日(日))

2018/08/09

【順延開催分】HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 第2回HbpMSセミナー「薬局経営の原理を考える」を9月8日(土)開催します

2018/07/21

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 第3回 HbpMSセミナー「診療・介護の報酬同時改定と医療経営の動向」を開催します!

2018/06/18

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 第2回HbpMSセミナー「薬局経営の原理を考える」を開催します

2018/05/15

研究センター開設記念HbpMSセミナーを開催しました

2018/03/28

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター開設記念 医療政策経営研究セミナーを実施します

※最新20件までを表示

概要

このたび県立広島大学の専門職大学院経営管理研究科(HBMS、Hiroshima Business and Management School)では、設立時より唱えますヘルスケアマネジメント人材養成を推進する機関としてHBMS地域医療経営プロジェクト研究センター(HBMS Commons for Healthe Policy and Management Studies)を開設いたしました。

運営体制

組織

センター研究員

西田 在賢(センター長、特任教授)
島川 龍載(センター特命講師)
遠藤 邦夫(HBMS教授、矢野経済研究所主席研究員)

センター客員研究員
山口 雅子(広島パークヒル病院リハビリテーションセンター技師長)

運営相談役
栗栖 恭三(県立広島大学事務総長、HBMS担当理事)

特別顧問
山口 昇(公立みつぎ総合病院名誉院長・相談役・顧問)

顧問
神田 裕二(HBMS客員教授、社会保険診療報酬支払基金理事長)
木倉 敬之(元厚生労働省保険局長)

ガバナンス会議

HBMS地域医療経営プロジェクト研究センターが謳う地域包括ケアシステムの運営に寄与する経営人材養成を推進するにあたり、関連分野の外部有識者で構成するガバナンス会議が第三者的な立場からの助言及び評価を行う。

ガバナンス会議のメンバー (五十音順)

浅原 利正(広島県病院事業管理者、元広島大学学長)
栗栖 恭三(県立広島大学事務総長)
土肥 博雄(広島大学学長特命補佐、広島赤十字・原爆病院名誉院長)
西田 在賢(HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター長)
山口 昇 (公立みつぎ総合病院名誉院長・相談役・顧問)
横山 禎徳(HBMS研究科長、元マッキンゼー東京支社長)
      ※ガバナンス会議議長

設立趣旨

医療経営学(Health Policy and Management)の視座から、国による社会保障の重要政策、医療介護総合確保推進に関する研究を行う。
そして、その成果をもって広島県をはじめとする全国における医療介護総合確保推進のための制度・制作や事業経営の管理にあたる人材養成の実践につなげる。

医療や高齢者介護の持続的提供という地域社会の課題を経営の支店で解決を図る研究と試み

団塊の世代が高齢者の仲間入りを始め、私たちの社会は超高齢化社会に踏み込みました。従来の医療と介護の壁を越えて、住まいや生活支援も含めて地域において包括的なケアを提供することは、超高齢化社会において安心して生活できる地域をつくるための鍵となるコンセプトです。一方、地域特性を考えたシステムの構築が必要なため、従来の社会保障政策のように国が示すモデルを地方が実行すればよいというわけにはいきません。当研究センターでは、地域の特性に応じた包括ケアシステムのマネジメント研究と経営人材養成に努めます。

湯﨑英彦知事からのメッセージ

広島県においても高齢化が進行する中で人口が減少するというこれまでに経験したことのない時代に直面しております。こうした環境の中で、限りある医療・介護資源を活用して、地域における医療提供体制が確保され、地域包括ケアシステムが確立されるよう取組を進めておりますが、これらの取組をさらに展開する上においても、医療・福祉・介護を支える人材の育成と確保をどのように進めていくかが、とても大きな課題となっております。
この度、設立されたHBMS地域医療経営プロジェクト研究センターには、地域社会の医療介護総合確保推進をリードしていくマネジメント人材の育成に取り組んでいただくことを通じて、地域の医療・福祉・介護現場での経営力が高まるとともに、より質の高い医療サービスと介護サービスが提供される地域づくりの実現に、寄与していただけるものと高く期待しております。

取組事例

「医療介護総合確保の中核、地域包括ケアシステムのマネジメントを考える」
2018年5月12日、広島県庁講堂にて、広島県知事ご来席のもの200名余が集う。

「診療・介護の報酬同時改定と医療経営の動向」
2018年8月26日、本学広島キャンパス大講義室にて、広島県医師会会長ご来席のもと60名余りが集う。

「薬局経営の原理を考える」
2018年9月8日、広島県薬剤師会館にて、広島県薬剤師会会長ご来席のもと60名余が集う。

「地域包括ケアシステムと情報技術支援」
2018年12月16日、広島駅前の会議室にて、広島県看護協会会長のご来席のもと80名余りが集う。

「ヘルス・ビジネス・アンド・マネジメントの人材像を考える」
2019年3月3日、広島大学医学部同窓会と広島商工会議所の後援を得て、日本赤十字社中四国ブロック血液センター研修室にて、広島県副知事のご来席のもと広島県内の医学・医療機関幹部や経済界関係者150名が集う。

開催報告

医療介護総合確保の中核、地域包括ケアシステムのマネジメントを考える(2018年5月12日開催)リンク先へ
診療・介護の報酬同時改定と医療経営の動向(2018年8月26日開催)リンク先へ
薬局経営の原理を考える(2018年9月8日開催)リンク先へ
地域包括ケアシステムと情報技術支援(2018年12月16日開催)リンク先へ
ヘルス・ビジネス・アンド・マネジメントの人材像を考える(2019年3月3日開催)リンク先へ
地域包括ケアシステムに求められる薬局の姿とは(2019年7月20日開催)リンク先へ
経営の目で病院を内側から診る(2019年7月27日開催)リンク先へ

お問い合わせ

県立広島大学 HBMS地域医療経営プロジェクト研究センター
〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71
TEL:082-251-9735
E-mail:hbpms-office@pu-hiroshima.ac.jp

無料相談の予約をする