Articles

イベント

9/11更新【参加者募集】HBMS特別公開講座「リーダーシップとキャリアの未来」(開催日:9月12日、10月3日、11月14日)

HBMSは、時代の大きな変化の中、様々な分野において第一線でご活躍されている講師を招聘し開催する、HBMS特別公開講座「リーダーシップとキャリアの未来」を企画しました。
本講座は、中国地方に在住する方を対象とし、全7回を2020年9月から2021年3月まで月1回のペースでオンラインにて開催します。
今回は、9・10・11月に開催する講座の参加者を募集します。ぜひ、ご参加ください。

対象者

※対象は中国地方(広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県)にお住まいの方限定となります。
  • HBMSの受験を検討されている方
  • 今回のテーマに興味のある方
  • ビジネススクールでの学びやキャリアアップに関心のある方

 ※オンライン開催となるため、Zoomでの参加が可能な方に限ります。

日時等

開催日時

2020年9月12日(土)10:00~12:00
2020年10月3日(土)10:00~12:00
2020年11月14日(土)10:00~12:00

開催方法

オンライン Zoom(要事前申込)

内容

第1回

日時 2020年9月12日(土)10:00~12:00

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい

講師 三戸 政和(株式会社日本創生投資 代表取締役社長)

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』の著書が19万部を突破。黒字経営であるにもかかわらず、後継者不在のために休廃業する優良中小企業が多くある。事実、中小企業380万社の約7割で後継者がおらず、中には株式1円でもいいから譲りたいと考えているところも。雇われる時代に培ったスキルを使って、会社を買い独立する方法とは。

申込者にはミーティング登録のご案内メールを送っています。(送信日:9/11(金))
メールを確認いただき、登録手続きを完了してください。
Zoom接続のURLはご登録のメールアドレス宛に自動送信されます。

第2回

日時 2020年10月3日(土)10:00~12:00

デジタルシフトの脅威・打ち手・未来

講師 鉢嶺 登(株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長)

GAFAを代表に世界的プラットフォーマーが席巻し、今現場で何が起きているのか生々しい現状を紹介。そこにコロナが来たため、一層デジタルシフトの勢いが進展。21世紀はデジタル産業革命時代。もはやデジタル化しない企業、社会は生き残れない。
デジタルシフトで未来はどんな社会になるのか。そして企業のDXへの打ち手や組織作りはどうすれば良いのか。様々な企業のデジタルシフトを支援した体験に基づき、お伝えします。著書「GAFAに克つデジタルシフト」(日本経済新聞出版社)

第3回

日時 2020年11月14日(土)10:00~12:00

投資家の視点で見た地域ビジネスで大切なこと

講師 藤野 英人(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者(CIO))

少子高齢化、空き家の増加、後継者問題に伴う企業の廃業など、地域社会は多くの社会課題に直面している。しかしこれらの課題は、裏を返せばすべてビジネスチャンスとも言える。投資家の目には、これから次々に素晴らしい企業が現れ、大きく成長する未来の日本の姿が見えている。では、これからの地域ビジネス成功の鍵はどこにあるのか?「多世代共生」「多拠点居住」「Afterコロナの価値観」などのキーワードを読み解く。

講師

三戸 政和 (株式会社日本創生投資 代表取締役社長)
1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A戦略、株式公開支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行っている。著書に『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編』(共に講談社+α新書)、『資本家マインドセット』(幻冬舎)、『営業はいらない』(SB新書) 、『企業買収完全ガイド(ダイヤモンド)』がある。

鉢嶺 登(株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長)
1967年千葉県出身。 91年早稲田大学商学部卒。森ビル株式会社勤務の後、米国で急成長しているダイレクトマーケティング業を日本で展開するため、94年株式会社オプト、現 株式会社デジタルホールディングス設立。2004年、JASDAQに上場。2013年、東証一部へ市場変更。eマーケティング支援にとどまらず、社会や企業のデジタルシフト支援を主事業にするため、社名もデジタルホールディングに変更した。

藤野 英人(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者(CIO))
1966年富山県生まれ。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ」シリーズを運用。JPXアカデミーフェロー、明治大学商学部兼任講師、東京理科大学上席特任教授。一般社団法人投資信託協会理事。近著に、『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!』(日本経済新聞出版)。

コーディネーター

早田 吉伸(県立広島大学大学院 経営管理研究科 准教授)
担当科目は、「経営戦略」「特別研究(グローバルビジネスマネジメント)」。
大学卒業後、NEC(日本電気株式会社)に入社。社会ソリューション、デジタルサービスにおける新事業開発、産官学連携を担当後、経営企画部門にて経営戦略、事業戦略、ブランド戦略、組織戦略に従事。また、その間、2度の政府(内閣官房)へ出向し、地域活性化政策とICT政策(電子行政、オープンガバメント、デジタル戦略)を担当。企業・行政での実務経験をもとに、研究・教育領域に活動の場を広げ、2019年より現職。博士(システムデザイン・マネジメント学)。中小企業診断士。地域活性化伝道師(内閣官房)。NPO法人Cut-jp代表理事。

定員

各回最大100名

参加費

無料

申込方法

  • 申込締切 各回前日の13時まで
  • 申込方法 「申込フォーム」からお申し込み下さい。

申込フォームはこちら

その他

本講座では、受講証明書等の証明書の発行を承ることはできません。

問合せ先

県立広島大学 HBMSマネジメント課
〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71
TEL : 082-251-9726 / FAX : 082-251-9405
E-mail : mba-office@pu-hiroshima.ac.jp

無料相談の予約をする