教員紹介

幅広い経験と実績を誇る教員陣


Yoshinori Yokoyama

研究科長

横山 禎徳

Yoshinori Yokoyama

社会システムズ・アーキテクト

専門分野

社会システム・デザイン、組織デザイン、金融システム、M&A、経営戦略

経歴・学歴

  • 東京大学工学部建築学科卒業
  • ハーバード大学大学院都市デザイン修士
  • マサチューセッツ工科大学経営大学院修士(MBA)
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社長

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『東大エグゼグティブ・マネジメント デザインする思考力』
  • 『東大エグゼグティブ・マネジメント 課題設定の思考力』(2冊とも共著、東京大学出版会)
  • 『循環思考』(東洋経済新報社)
  • 『アメリカと比べない日本』(ファーストプレス)
  • 『「豊なる衰退」と日本の戦略』(ダイヤモンド社)
  • 『マッキンゼー合従連衡戦略』(共著、東洋経済新報社)
  • 『成長創出革命』(ダイヤモンド社)
  • 『コーポレートアーキテクチャー』(共著、ダイヤモンド社)
  • 『企業変身願望-Corporate Metamorphosis Design』(NTT出版)

社会貢献

  • 築地本願寺評議委員
  • ひろしまイノベーション推進機構投資委員会委員
  • JST低炭素社会戦略センター上席研究員

他多数

Katsue Edo

専攻長 / 教授

江戸 克栄

Katsue Edo

専門分野

マーケティング、マーケティングリサーチ、消費者行動、防災マーケティング

学位

  • 修士(商学)(慶應義塾大学)

経歴・学歴

  • 慶應義塾大学大学院商学研究科商学専攻後期博士課程 単位取得後退学
Takumi Adachi

教授

安達 巧

Takumi Adachi

専門分野

ビジネスモデル、事業計画、企業評価、コーポレート・ガバナンス

学位

  • 博士(経済学、東北大学)
  • 修士(法学、東北大学)

経歴・学歴

  • 早稲田大学商学部卒業
  • 東北大学大学院法学研究科博士前期課程私法学専攻修了
  • 東北大学大学院経済学研究科博士後期課程経営学専攻修了
  • 神戸大学大学院法学研究科博士後期課程法政策専攻単位修得退学
  • 会社経営、税理士事務所経営等を経て現職。

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『ディスクロジャーとアカウンタビリティー-監査人としての公認会計士の責任-』創成社(2002年4月、単著)
  • 『企業倫理とコーポレートガバナンス-知的資産の有効活用-』創成社(2002年9月、単著)
  • 『会計基準の法的位置づけ-財務書類の真実性と会計・監査基準-』税務経理協会(2004年7月、単著)
  • 『ベンチャー企業のファイナンス戦略-会社法の徹底活用-』白桃書房(2007年7月、共著)
  • 『大学准教授 真島弘之-モノ言える顧客-』ふくろう出版(2010年10月、編著)
  • 『会計制度の断面』ふくろう出版(2011年4月、単著)
  • 『内部統制・監査とブランド力』ふくろう出版(2011年6月、単著)
  • 『JALの監査の失敗と裁判-日本の公認会計士監査の水準と現実-』ふくろう出版(2013年8月、単著)
  • 『コーポレートガバナンスと監査と裁判所』ふくろう出版(日本図書館協会選定図書、2014年5月、単著)
  • 『コンプライアンス-ハラスメント事例研究-』ふくろう出版(2018年12月)
  • 『起業を志す人のビジネスプランとマネジメント』ふくろう出版(2019年1月、単著)
  • 『ビジネスモデル図典』ふくろう出版(2019年4月、単著)
Kunio Endou

教授

遠藤 邦夫

Kunio Endou

専門分野

病院及び薬局経営、医薬品流通、製薬産業

担当科目

  • 医療介護のイノベーション
  • 特別研究G(医薬流通のイノベーション)

経歴・学歴

  • 昭和53年3月 東海大学政治経済学部経済学科卒
  • 昭和53年4月 株式会社矢野経済研究所入社
  • 昭和62年5月 文部省統計数理研究所委託研究員を兼務
  • 平成14年4月 東海大学開発工学部情報通信工学科医療福祉情報コース非常勤講師
  • 平成17年10月 東海大学開発工学部医用生体工学科医療福祉情報コース非常勤講師
  • 平成24年4月 株式会社矢野経済研究所ライフサイエンスユニット フェロー

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『からだビジネス』日本能率協会(1987年9月、共著)
  • 『The Japanese Pharmaceutical Industry in the New Millennium』薬事日報社(2001年6月、共著)
  • 『看護経済学』法研(2002年9月、共著)
  • 『医業経営相談事例集』医学通信社(1992年12月、共著)

その他、矢野経済研究所から病院及び病院グループ経営、薬局経営、製薬産業、医薬品流通に関するレポートを多数執筆

Hiroshi Kitani

教授

木谷 宏

Hiroshi Kitani

専門分野

人的資源管理、経営組織、ダイバーシティ・マネジメント

学位

  • 経営学修士(Master of Business Administration)(米国ジョージ・ワシントン大学)
  • 博士(経営学)(麗澤大学)

経歴・学歴

  • 中央大学大学院総合政策研究科総合政策専攻博士後期課程 単位取得後退学

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『「人事管理論」再考 多様な人材が求める社会的報酬とは』生産性出版、2016年
  • 『ビジネス・キャリア検定試験 標準テキスト 人事・人材開発2級』『同3級』、社会保険研究所、2014年(監修)
  • 『社会的人事論 年功制、成果主義に続く第3のマネジメントへ』、労働調査会、2013年
  • 『ワーク・ライフ・バランスと経営』生産性労働情報センター、2012年(共著)
  • 『ワーク・ライフ・バランス推進マニュアル』、第一法規、2010年(監修)
  • 『在宅勤務 導入のポイントと企業事例』、労働調査会、2009年(共著)
  • 「企業の社会的責任(CSR)としての人事管理論」『麗澤大学紀要』第98巻、2015年1月(pp.21-31)
  • 「今あらためて、リーダーシップとは幻想である」『人事実務』1124号、2013年5月(pp.8-17)
  • 「看護職員のワークライフ・バランスと人事管理」『学習院大学経済経営研究所年報』第23号、2009年12月(pp.4-17)
  • 「企業内プロフェッショナルの処遇と育成 ―サラリーマンやOLはどのように進化するのか―」『日本労働研究雑誌』 第541号、2005年8月(pp. 58-66)
  • 「企業における成果主義導入の実証的研究」『企業研究』 第4号、2004年2月(pp. 199-289)

社会貢献

  • 厚生労働省「治療と職業生活の両立等支援対策事業」ガイドライン作成委員会座長。
  • 広島県「治療と職業生活の両立支援研究会@ひろしま」会長。
  • 広島県「働き方改革推進・働く女性応援会議」委員。
  • 広島県「雇用推進会議専門部会」委員。広島市「男女共同参画審議会」委員。
  • 東京都「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰選定委員会」座長。
  • 第4期「東京都男女平等参画審議会」委員。第7期「新宿区男女共同参画推進会議」委員。
  • 中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定試験 人事・人材開発部門」主査。
  • 鳥取県政アドバイザリースタッフ。
Yoshihiko Shichida

教授

七田 良彦

Yoshihiko Shichida

専門分野

会計学、経営学、会計情報と意思決定、ファイナンス

学位

  • 経済学 学士

経歴・学歴

  • 慶應義塾大学卒業
  • 物産ナノテク研究所 取締役(在つくば市)
  • 物産オートファイナンス 取締役(在インドネシア)
  • 三井物産エレクトロニクス 常務取締役
  • 三井農林 取締役(非常勤)
  • 青山学院大(青山スタンダート)非常勤講師

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

社会貢献

  • CO2排出削減を目指し、沖縄県宮古島市等にてバイオエタノール実証実験プロジェクトを実施。(物産ナノテク研究所)
  • インドネシアとの相互理解を深めることを目指し、印尼各地(ジャワ、スマトラ、バリ等)でCSR活動を実行。(物産オートファイナンス)
Zaiken Nishida

教授

西田 在賢

Zaiken Nishida

専門分野

医療経営学(Health Policy & Management)、情報学応用

学位

  • 修士(工学)(東京大学)
  • 博士(医学)(日本医科大学)

経歴・学歴

  • 東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻修士課程修了
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー(リサーチャー)
  • コンピューター・アシスト・コンサルティング・グループ(現 株式会社アキラックス)設立、代表取締役社長
  • 日本エコノム(現 エコシス株式会社)、代表取締役社長
  • 日本医科大学医療管理学教室研究生
  • 財団法人医療経済研究機構 研究主幹兼研究部長
  • 東北大学医学部病院管理学教室 助教授
  • 米国ハーバード大学公衆衛生大学院リサーチフェロー
  • 川崎医療福祉大学医療福祉学部教授、大学院医療福祉学研究科教授(兼務)
  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科医療経済学担当客員教授(兼務)
  • 武蔵野大学現代社会学部社会福祉学科教授、大学院福祉マネジメント専攻長(兼務)
  • 静岡県立大学経営情報学部経営情報学科教授
  • 同大学大学院経営情報学研究科(現 経営情報イノベーション研究科)教授(兼務)
  • 同大学大学院経営情報学研究科付属地域経営研究センター長(兼務)
  • 同大学大学院付属医療経営研究センター長(兼務)
  • 同大学大学学長補佐(社会人教育担当)(兼務)

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 「英国病院トラスト考」西田在賢、社会保険旬報No.2642:14-18,No.2643:12-16,No.2644:10-16,No.2645:28-33,No.2646:26-33,No.2647:28-31,No.2648:28-35,2016年
  • 「わが国地域包括ケア考 」西田在賢、社会保険旬報No.2562:18-22,No.2563:22-28,2014年
  • 「公立病院の経営持続性の研究: 公立病院の経営改善努力を可視化する指標」共著、西田在賢、山田博己、社会保険旬報No.2538:16-21,2013年
  • 「公立病院の経営持続性の研究: 公立病院の実医療圏の考察」共著、西田在賢、城戸貴史、社会保険旬報No.2537:10-17 ,2013年
  • 「公的病院の経営人材養成の試み/静岡県医療経営力向上事業 (2009-11年度)における取り組み」社会保険旬報No.2510:34-40,2012年
  • 論壇「政治経済学から眺望したときのわが国医師数の問題」共著 武見敬三、橋本英樹、西田在賢、医学振興 第74号:37-43,2012年
  • 特別連載寄稿「随想 ソーシャルビジネスとしての医療経営学(1)~(3)」医療経済研究機構レターNo.206:1-5、No.207:1-6、No.208:1-7,2012年
  • 「診断群分類包括評価DPCのデータと地理情報システムGISを用いて二次保健医療圏における医療機関の実医療圏を調べる試み」共著、秋山祐治、西田在賢、橋本英樹、川崎医療福祉学会誌 Vol.21 No.2:254-262、2012年
  • 「地方の時代の医療改革」社会保険旬報No.2446:43-49,2011年
  • 「地方の時代の医療経営論」社会保険旬報No.2416:10-13,No.2417:20-26,2010年
  • 「近年における病院業の見方」病院, Vol. 68, No. 05 : 370-7373, 2009年
  • “Proposal of Benchmark to Study Hospital Management Sustainability”, The Journal of Japan Hospital Association, No.27 : 3-17, 2008年
  • 「わが国適正医師数の考察」共著、社会保険旬報No.2326:10-17,2007年
  • 「経営持続性から見た病院適正利潤の考察」社会保険旬報No.2307:10-16,2007年
  • 「医療制度改革と薬局」公衆衛生 Vol.70, No.12: 926-929、医学書院,2006年
  • 「病院経営持続性を診るベンチマークの探索」社会保険旬報No.2238:20-25,No.2237:18-24,No.2236:6-14,2005年
  • 「医療の経営学とは/医療の制度経営論/医療の制度経営論」岡山医学会雑誌Vol.116 No.2:149-155,Vol.116 No.3:261-271, Vol.117 No.1:51-59, 2004-5年
  • 「一般化された医療保険資金管理の概念」社会保険旬報No.2173:14-19,2003年
  • 「株式会社の病院業参入の是非を巡る議論を考える」社会保険旬報No.2142:10-15,2002年
  • 「米国マネジドケアの試みから医療保険における保険者機能を考える」海外社会保障研究 No.136:3-16,2001年
  • 「医療福祉サービス事業における経営管理専門家養成の必要性」川崎医療福祉学会誌 Vol.10 No.2: 205-210,2001年
  • 「国民皆保険制度の戦略的運営-ポートフォリオ・マネジメントの視点から見た医療保険改革の在り方を考える」共著,社会保険旬報No.2084:16-24,2001年
  • “Simulation Experiment for Economical Impact by Physicians‘ Excessive Increase in Japan”,Kawasaki Medical Society No.26: 17-31,2000年
  • 「経営情報フォーラム/我が国における医療情報化投資の問題点」経営情報学会誌 Vol.9 No.2:81-86、2000年
  • 「続米国マネジドケア考」社会保険旬報No.2035:16-21,No.2038:22-28,No.2040:28-32,No.2052:9-15,No.2077:12-17,1999-2000年
  • 「米国マネジドケア考」社会保険旬報,No.1984:6-12,No.1985:18-21,No.1986:20-24,No.1987:24-28,No.1988:20-26,No.1989:29-33,No.1990:20-23,No.1991:22-28,No.1992:22-28,No.1993:10-15,1998年
  • 「わが国病院の経営持続性をみる新指標の模索」社会保険旬報,No.1940:14-17,1997年
  • 「高齢者福祉人材の需要推計手法の開発」社会福祉研究,66:42-51,1996年
  • 「わが国の医師数増大の経済分析」医療経済研究,No.2:33-46,1995年
  • 「コンピュータを駆使した経営戦略策定法」DIAMOND ハーバード・ビジネス ’83/3 :91-97,1983年
  • 『災害復興からの介護システム・イノベーション』(共著)ミネルヴァ書房,共著, 2016年
  • 『ソーシャルビジネスとしての医療経営学』薬事日報社, 東京, 2011年
  • 『医療経営白書(2007年度版)』(共著)日本医療企画, 東京, 2007年
  • 『医業参謀』薬事日報社,東京,2005年
  • 『新時代に生きる医療保険制度…持続への改革論』(編著)薬事日報社,東京,2004年
  • 『医療・福祉の経営学』薬事日報社,東京,2001年
  • 『マネジドケア医療革命』日本経済新聞社,東京,1999年
  • 『医療経営革命』(共著)日経BP出版センター,東京,1995年
  • 『SISに費用をかけすぎていないか』日本能率協会マネジメントセンター,東京,1991年
  • 『電脳マネジメント戦略』かんき出版,東京,1989年
  • 『医師・歯科医師のためのパソコン活用法』(共著)日本経済新聞社,1984年

他多数

社会貢献

  • 財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済機構研究助成選定委員
  • 全国福祉用具専門相談員協会 理事
  • 地方独立行政法人静岡市立静岡病院 評価委員会委員長
  • 一般財団法人静岡県サッカー協会 評議員
  • 熊本県社会医療法人高野会 評議員
  • 全国健康保険協会静岡支部 評議委員会委員長 (本学赴任にあたり本年9月辞任)
  • 社会保険診療報酬支払基金静岡支部 幹事会幹事(本学赴任にあたり本年7月辞任)
  • 静岡県後期高齢者医療広域連合 静岡県後期高齢者医療懇談会委員(本学赴任にあたり本年8月辞任)
  • 長野県立病院機構評価委員会 委員(本学赴任にあたり本年3月辞任)

ほか

Hiroko Hyakutake

教授

百武 ひろ子

Hiroko Hyakutake

専門分野

ソーシャルデザイン、合意形成、まちづくり、プロセスデザイン、感性哲学

学位

  • 修士(工学)(早稲田大学)
  • Master of Landscape Architecture in Urban design
  • (アーバンデザインランドスケープ修士)(米国ハーバード大学)
  • 博士(工学)(東京工業大学)

経歴・学歴

  • 早稲田大学理工学部卒業
  • 早稲田大学理工学研究科建築工学専攻 工学修士
  • ハーバード大学大学院都市デザイン修士
  • 東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻博士後期課程 修了
  • 株式会社野村総合研究所研究員
  • 有限会社プロセスデザイン研究所設立

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 共著『環境と生命の合意形成マネジメント』東信堂(第8章「地域イノベーションを生み出す合意形成」)2017
  • 共著『美し国への景観読本』日刊建設通信新聞社(「個人の実感とつなぐ景観の形成」)2012
  • 『「良好な」景観と「好きな」景観の相違』感性哲学10(東信堂)pp.92-106
  • 『再生へのシナリオ 合意形成①②③ 建設通信新聞 4月11日版 5月9日版 5月11日版 12面 (日刊建設通信新聞社)2011

他多数

社会貢献

  • まちづくりプロジェクト
  • 三原市佐木島「鉄人アイランド構想」策定
  • 徳島県三好市箸蔵地区将来ビジョン策定のための市民ワークショップの企画・運営 他多数
  • 合意形成人材育成
  • SGH高校生対象リーダシップと合意形成授業
  • 技術士、自治体職員、コメディカル人材対象の合意形成研修 他多数
  • 審議会・委員会委員
  • 国土交通省「河川法改正20年多自然川づくり推進委員会」委員
  • 埼玉県朝霞市「総合計画策定審議会」委員
  • 町田市「町田市廃棄物減量等推進審議会」

他多数

Kenji Kuroda

准教授

黒田 健治

Kenji Kuroda

専門分野

アカウンティング、ファイナンス

担当科目

  • アカウンティング
  • ビジネス統計

学位

  • 学士(経済学)(中央大学)

経歴・学歴

  • 中央大学経済学部経済学科 卒業
  • 株式会社アーバンコーポレイション
  • デロイト・トーマツ
  • 黒田公認会計士事務所開業 代表(現任)
  • 株式会社クロスク設立 代表取締役(現任)
  • イノベーション・ハブ・ひろしまCampsコーディネータ(現任)
  • 農業協同組合等検査公認会計士(現任)
  • 黒田健治税理士事務所開業 代表(現任)
Yoshinobu Souda

准教授

早田 吉伸

Yoshinobu Souda

専門分野

経営戦略/CSV、新事業開発/ビジネスデザイン、コミュニケーション戦略/PR、官民連携/地域活性、ベンチャー/中小企業論

学位

  • 修士(システムデザイン・マネジメント学)(慶應義塾大学)
  • 博士(システムデザイン・マネジメント学)(慶應義塾大学)

経歴・学歴

  • 熊本大学法学部法律学科 卒業
  • 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程 修了
  • 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科博士課程 修了
  • 内閣官房地域再生・構造改革特区推進室 政策調査員
  • 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 主幹
  • 日本電気株式会社(NEC)東京オリンピック・パラリンビック推進本部 本部長代理(兼)経営企画本部
  • 神戸大学大学院経営学研究科 COEシニアリサーチフェロー
  • 東京大学公共政策大学院 客員研究員
  • 慶應義塾大学 非常勤講師

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 「地域雇用と人材育成」早田吉伸(地域再生・ソリューション研究会編『地域再生へのロードマップ〜上手に使おうIT処方箋〜』ぎょうせい)pp.86-89(2004.12)
  • 「公共イノベーションのための『創発プラットフォーム』の提案」早田吉伸,慶應義塾大学修士論文(2011.3)
  • 「国内外の事例分析に基づく日本型フューチャーセンターのデザイン」早田吉伸(筆頭/他3名),地域活性研究,査読有,Vol.3,pp.85-94(2012.3)
  • Design Workshop: collaborative Design Methodology Architecting for the Future Public Policies,査読有,SETA APCOSE2012(2012.5)
  • 「市民参加促進に向けた先導的市民大学の特徴分析」早田吉伸(筆頭/他2名),地域活性研究,査読有,Vol.4,pp.41-51(2013.3)
  • 「『循環』視点によるオープンデータ推進への提言」早田吉伸(『智場』GLOCOM),査読無,Vol.119,pp.115-123(2014.10)
  • 「オープンデータ推進に向けた国内先進地域の特徴分析」早田吉伸(筆頭/他2名),地域活性研究,査読有,Vol.6,pp.61-70(2015.3)
  • 「デジタル社会における新たな『社会価値創造』へ向けて」早田吉伸,TRONWARE,査読無,155,pp.26-29
  • 「社会課題解決のための協働の場の研究−先導的市民大学とフューチャーセンターに基づく統合モデルの提案−」早田吉伸,慶應義塾大学博士論文(2017.9)
  • 「社会価値デザインとIT」早田吉伸,行政&情報システム,査読無,連載(1)〜(10)(2015.4-2018.4)

社会貢献

  • 特定非営利活動法人カット・ジェーピー 代表理事
  • 地域活性化伝道師(内閣府認定)
  • 内閣府経済社会総合研究所「地域活性システム論カリキュラム研究会」委員
  • 総務省「スポーツ×ICTワーキンググループ」構成員
  • 中小企業診断士
Yoji Takahashi

准教授

高橋 陽二

Yoji Takahashi

専門分野

アントレプレナー/ベンチャーファイナンス、コーポレートファイナンス、コーポレートガバナンス、アントレプレナーシップ

担当科目

  • ファイナンス
  • スモールビジネスのファイナンス

学位

  • 修士(商学)(神戸大学)
  • 博士(商学)(神戸大学)

経歴・学歴

  • 大阪市立大学商学部商学科 卒業
  • 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程 修了
  • 神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程 修了
  • 岐阜聖徳学園大学経済情報学部 専任講師・准教授
  • 米国ハワイ大学マノア校シドラービジネススクール 客員研究員
  • 名古屋大学教育学部 非常勤講師

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『知識の基盤になるファイナンス』(石橋尚平・内木栄莉子と共著)中央経済社、2018年10月
  • 「【ファイナンス】内部・外部の知識の深化・探索」(米倉誠一郎・清水洋編著『オープン・イノベーションのマネジメント−高い経営成果を生む仕組みづくり−』有斐閣、2015年3月)pp.139-168.
  • 「役員派遣とハンズオン投資」(忽那憲治編著・公益財団法人日本証券経済研究所編『ベンチャーキャピタルによる新産業創造』中央経済社、2011年8月)pp.67-87.
  • 「日本アジア投資」、「中小企業投資育成」(忽那憲治・長谷川博和・山本一彦編著『ベンチャーキャピタル ハンドブック』中央経済社、2006年2月)pp.220-251、pp.285-313.
  • "e;Why do the Underwriters Allocate Individual Investors more IPO Shares in Japan?,"e; Global Conference on Business and Finance Proceedings (Published in USB Flash Drive (ISSN 2168-0612), Online (ISSN 1941-9589)), Volume 11, Number 1, January, 2016, pp.314-320.
  • "e;IPO Pricing and Firm Location: Evidence from Japan,"e; Proceedings of 2012 International Conference on Business and Information (Published in CD-ROM (ISSN 1729-9322)), Volume 9, July, 2012.
  • "e;Effects of Investor Sentiment on IPO Pricing: Evidence from the Japanese Auction Method"e; (with Yamada, K.), Proceedings of the 6th International Conference on Asian Financial Markets (Published in CD-ROM), December, 2010.
  • 「インターネット掲示板は情報価値があるのか-新規公開の価格形成-」『証券経済学会年報』第44号、2009年7月、pp.153-158.
  • 「新規株式公開企業の取締役構成の決定要因」『証券アナリストジャーナル』第46巻第11・12号、2008年12月、pp.128-138.
Yasuo Tsuchimoto

准教授

土本 康生

Yasuo Tsuchimoto

専門分野

情報通信技術・インターネット・教育

担当科目

  • 特別研究B(IoT社会のビジネス創造)
  • 特別研究E(サービスマネジメント)

学位

  • 博士(政策・メディア)(慶応義塾大学)

経歴・学歴

  • 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 博士課程 修了
  • 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別研究講師
  • アジア工科大学院(バンコク・タイ王国) 客員講師
  • 東京大学 情報理工学研究科 電子情報学専攻 特任講師
  • 東京大学 工学部 国際工学教育推進機構 特任講師
  • 横浜商科大学 商学部 経営情報学科 准教授

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • The deployment of UDL network on satellite circuit with training workshop, Symposium on Applications and the Internet Workshop (SAINT), Jan 2003
  • インターネットスタートアップ地域のための先端インターネットオペレーション教育の実現, 電子情報通信学会論文誌B, Vol.J86-B No.8, pp. 1362-1368
  • インセンティブ提示型ディジタルデバイド解決手法の提案, 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol.J87-D-I No. 9, pp. 855-863
  • Bandwidth Adjustable DVTS on the Heterogeneous Internet Environments for Distance Learning, Symposium on Applications and the Internet Workshop (SAINT), Jan 2007
Mayako Tsuyuki

准教授

露木 真也子

Mayako Tsuyuki

専門分野

社会イノベーション、社会起業家、社会的企業、地域間比較研究、援助・地域協力

学位

  • 修士(工学)(金沢工業大学)
  • 博士(学術)(東京工業大学)

経歴・学歴

  • 東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻 修了

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『社会貢献によるビジネス・イノベーション―「CSR」を超えて』関正雄, 塚本一郎, 金田晃一, 露木真也子(他9名共著), 丸善出版, pp.209-229(2012.9)
  • 『アカデミック・イノベーション―産学連携とスタートアップス創出』渡辺孝, 稲村雄大,小倉都, 露木真也子(他3名共著), 白桃書房, pp.65-104(2012.9)
  • 「地域に根ざした課題解決の取り組み―社会イノベーションが生み出すインパクトと社会起業家の役割」露木真也子, 日本地域政策学会誌, 査読無, 第18号, pp.28-35 (2017.3)
  • “A Comparative Study on Social Impact of Community Based Inclusive Development Cases in Japan” Mayako Tsuyuki, 5th EMES International Research Conference on Social Enterprise, 査読無, EMES-SOCENT Conference Proceedings (2015.7)
  • “A Study on Business Models of WISEs for Challenged People: Diffusion Process of Social Innovation in Japan” Mayako Tsuyuki, 4th EMES International Research Conference on Social Enterprise, 査読有, EMES-SOCENT Selected Conference Papers, no. LG13-43 (2013.7)
  • 「社会イノベーションの普及過程と社会起業家の役割」 露木真也子, 日本計画行政学会誌, 査読無, 34巻3号, pp.45-50 (2011.8)
  • 「障害者就労支援分野における社会イノベーションの事業モデルおよび普及過程に関する研究」露木真也子, 東京工業大学博士学位論文 (2009.12)
  • 「社会起業家と社会イノベーション―議論の国際的系譜と日本の課題」渡辺孝, 露木真也子, 内閣府経済社会総合研究所, 査読有, ESRIディスカッションペーパー 第215号 (2009.5)
  • 「知的創造システムにおける現代日本のノンプロフィット・セクター―情報流通ネットワークと知のボトムアップ・パワー」露木真也子, 日本NPO学会誌, 査読有, 第7巻第1号, pp.47-56 (2007.6)
  • 「クライアント・サーバ・システム上のデータベース連動による個客志向型広告システムに関する研究」露木真也子, 金沢工業大学修士学位論文, 査読有 (2005. 3)
  • スコット・シェーン著『大学発ベンチャー―新事業創出と発展のプロセス』中央経済社[翻訳章]結論 P333-357[監訳者]金井一賴、渡辺 孝[翻訳者]露木恵美子、新藤晴臣、辻本将晴、福嶋 路、山田仁一郎、稲村雄大、木村行雄、露木真也子(2005.10)

社会貢献

  • 「中国地域への定住移住促進に関わる方策検討調査」委員会 副委員長, 公益財団法人ちゅうごく産業創造センター (2017.5-2018.3)
  • 講演「地域に根ざした社会イノベーション―障害者就労支援が生み出す社会的インパクト」呉市自立支援協議会定例会議(2017.4)
  • 講演「就労支援分野の社会イノベーション」特定非営利活動法人地域ネットくれんどスタッフ会(2016.10)
  • 講演「コミュニティビジネスと社会イノベーション」 世界銀行コーヒーアワー「障害と開発」第35回「コミュニティビジネスの目指すこと・発展過程から見えるもの」, 世界銀行東京事務所 (2012.5)
  • 講演「社会イノベーションの普及研究における障害者の就労支援事例」 JICA平成23年度シリア障害者支援国別研修, 独立行政法人国際協力機構 (2012.1)
  • 講演「社会イノベーションの事業モデルと普及過程~社会起業家が障害者の『働く』をイノベーションする」, ふわり拡大集会シンポジウム「ふわりは地域共生をイノベーションする!」, 特定非営利活動法人ふわり・社会福祉法人むそう (2011.7)
  • 講演「社会イノベーションと障害者自立支援事業―NPO法人こころん事例研究」 世界銀行コーヒーアワー「障害と開発」第20回「地域社会から見た障害者支援~福島県泉崎村を例に」, 世界銀行東京事務所 (2009.4)
Narumi Yoshikawa

准教授

吉川 成美

Narumi Yoshikawa

専門分野

農業と持続可能な地域ビジネス、自然資源管理、CSA(Community Supported Agriculture)と食料システム構築

学位

  • 修士(国際関係学)(早稲田大学)
  • 博士(農業経済学)(東京農業大学)

経歴・学歴

  • 東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程 修了
  • 上智大学文学部新聞学科(国際関係論)
  • 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科(国際関係学「環境と持続可能な発展論」専攻)
  • 東京農業大学大学院博士後期過程(農業経済学専攻)
  • 北京大学中国社会信用研究所客員研究員
  • 西安交通大学公共政策と管理学院西部発展センター客員研究員

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 『中国西部大開発10年研究論文集』共著:第6編「三農問題」「自然保护区农民与自然保护的相互矛盾-以贵州省“草海自然保护区”为例—」(「自然保護区の農民と自然保護の相互矛盾-貴州省草海自然保護区の事例より」)pp.197-207,平成20年10月,中国西安交通大学出版社
  • 『中国の森林再生―社会主義と市場主義を超えて―』関良基、向虎、吉川成美執筆担当部分;2章「西部大開発と退耕還林政策-退耕還林モデル地区から検証する農村貧困問題」(pp.64-88)、7章「古勝村の社会的共通資本と内発的発展」(pp.193-240)、平成21年2月、御茶ノ水書房
  • 『高畠学-「農」からの地域自治』早稲田環境塾編、執筆担当部分;第Ⅱ部「地域づくりの精神」(pp.92-200)、執筆担当部分;第Ⅱ部3「野の復権―はてしない気圏の夢」(pp184-200)、共著著作(A5版280頁)、平成23年5月、藤原書店
  • 『京都環境学』早稲田環境塾編、編集担当部分;第Ⅱ部「水俣から京都へ」(pp.126-164)、第II部「水俣から京都へ水俣、不知火海のほとりから」(pp126-137)、平成24年5月、藤原書店
  • 『共生主義宣言』共著 担当執筆部分:第5章「都市と農村を結ぶ持続可能なコミュニティをどう創るか」p213-p230、平成28年、コモンズ出版

社会貢献

  • たかはた共生プロジェクト 副代表
  • 地域・人間環境フォーラム 理事
Satoshi Koga

客員教授

古我 知史

Satoshi Koga

専門分野

ベンチャー経営、ベンチャー投資、事業開発、アントレプレナーシップ、マーケティング

経歴・学歴

  • 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
  • モンサント、シティグループ(シティバンク)商品室長
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 独立系ベンチャーキャピタリスト(現任)
  • ウィルキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役(現任)
  • アリストテレスパートナーズ株式会社 代表取締役(現任)
  • 龍谷大学経済学部客員教授(現任)
  • 京都大学産官学連携本部フェロー、技術イノベーションコース、経営管理大学院非常勤講師(現任)
  • 一般社団法人日本生物科学研究所 評議員(現任)
  • その他現任兼務として、株式会社チームクールジャパン代表取締役、株式会社Too社外取締役、株式会社セルム非常勤取締役、株式会社インバウンドプラットフォーム社外取締役、ノーリツプレシジョン株式会社非常勤監査役など
  • 歴任として、早稲田大学エクステンションセンター講師(マーケティング)、九州大学経営大学院(産業学府)客員教授(企業論)、株式会社卑弥呼社外取締役、株式会社フォリフォリ・ジャパン社外取締役、アニコム ホールディングス株式会社(東証一部)社外取締役、株式会社ノンストレス社外取締役、株式会社AHBインターナショナル(現・イオンペット)社外取締役など

その他のプロフィールを開く

その他のプロフィールを閉じる

主要著書・論文

  • 著書に『着眼の技法』、『もう終わっている会社~本気の会社改革のすすめ~』(ディスカバー21)、『戦略の断層~その選択が企業の未来を変える~』(英治出版)、『問題をつぎつぎ解決する人の5つの口癖』など
  • 共著に『アリストテレスの言葉~経営の天啓~』、『新・銀行の戦略革新』(東洋経済新報社)など

社会貢献

  • 一般社団法人衛星放送協会理事、特定非営利活動法人ファミリービジネスネットワークジャパン理事長、一般社団法人食の検定協会理事、東京原宿ロータリークラブ会長および幹事、大阪府市統合本部特別参与、club will bサポートメンバーなど
Shinjirou Yamada

客員教授

山田 眞次郎

Shinjirou Yamada

専門分野

イノベーション創発、ベンチャー起業、技術経営

学位

  • 博士(工学)(日本工業大学)

経歴・学歴

  • 日本工業大学社会人博士課程修了
Fumihiko Ikuine

非常勤講師

生稲 史彦

Fumihiko Ikuine

現所属・職位

  • 筑波大学 システム情報系 社会工学域 准教授
Kunihiko Ono

非常勤講師

小野 邦彦

Kunihiko Ono

現所属・職位

  • 株式会社坂ノ途中 代表取締役
Takahito Kashino

非常勤講師

樫野 孝人

Takahito Kashino

現所属・職位

  • 株式会社CAP 代表取締役社長
  • 一般社団法人 かもめ地域創生研究所 理事
Masatoshi Kaneko

非常勤講師

金子 昌稔

Masatoshi Kaneko

現所属・職位

  • 広島弁護士会・弁護士
Takayuki Kawashima

非常勤講師

川島 孝之

Takayuki Kawashima

現所属・職位

  • アロウズ法律事務所 弁護士・税理士

無料相談の予約をする